本文へスキップ

道なき道を行く。自己の限界の超越。生き様に魂宿る。
天命と共に「道」を通して皆様に感動や勇気を与えられたら本望です

(後援)事務所TEL.0952-97-9994

お便り  yamada-gendo@yahoo.co.jp

「山田玄道」の志し、信念、挑戦


山田玄道の挑戦

想い

「生き方」とは永遠のテーマかもしれない
人、それぞれ自分に合った生き方は必ずある
迷い苦しみながら、「道」は創られていく
私は不器用です
しかし、どの様な困難も、信念と努力によって乗り越えてきたと思っている
そして、求道者としてまだまだ道半ばである
おこがましい事であるが、私は一つの道(生き方)の最果て(境地)を目指す者として、この姿を通して皆様に何かを感じてもらいたいと願う
それが、夢や希望、元気、勇気であったならば私は本望だ
そこに及ばずなら、私の修行不足、1から出直し全身全霊精進し、何かを感じてもらえる様、精力的に発信していきたい


言葉


「悲しみとは人生なり、
苦しみとは人生なり、
そしてまた、喜びも人生なり
天に恥じぬ生き方、誠の道
人生短し、迷う暇は無し
ひたすら英進あるのみ
そして静かに、背中で語れ
希望、勇気、夢、愛
果て無き求道に終わり無し
汝、汝自信を超えてみよ」


偽りのない心

偽る事は自分への裏切りです


やるべきこと

やることを明確にする


後は行動

行動に勝るものは無しです






求道家「山田玄道」ネットラジオで発した「名(迷)言集」コーナー



「生きるとは何ですか?」という質問にて

山田玄道「はい、それはこの世界に何かを残す事です。子供であったり、芸術であったり、思い出でだったり、思想だったり。何でも良いのです。肉体を伴い現世で生きた証を残すための、大いなる道と言っても良いでしょう。自分がこの世界に本当に残したいもの、考えに考え抜いて下さい」


「幸せとは何ですか?」という質問にて

山田玄道「ずばり、今生きている事が幸せだと気づくことです。今、この瞬間がどのような境遇であれ、幸せに思えなければずっと幸せにはなれません。なぜなら仏教思想で言う苦しみの中に幸せの本質があるという事だからです。幸せも苦しみも永遠ではありません。大切なのは幸せを求めるのではなく、幸せに気づく事なのです」


「やりたい事、目標が見つかりません」という質問にて

山田玄道「大丈夫。私事ですが、私がこういう活動をやろうと思うまで足かけ10年かかりました。やりたい事や目標は日常の何気ない所から降ってくるものです。あせらず、しかし大いに悩みましょう。道は必ず開けます」


〇○という質問にて

山田玄道「」